博多織の角形ポーチ

6,600円(税600円)

購入数

博多織の帯地を使用した角型ポーチ。

鱗文様は、昔から女性の厄よけとして身につける風習があり帯地の柄としてもよく使われます。
蝶や蛇を連想して、脱皮を表し、厄を落として再生するという意味があるそうです。

そう聞くと、厄よけのプレゼントに、また、自分使いにもピッタリです。

帯地そのままを使用しておりますので、織の繊細さ、絹の光沢感が楽しめるアイテムです。



幅16僉濆發12.5僉潺泪5.5


「筑前ぎゃらりい」produce by 筑前織物